アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

こんにちはハリー!

私の解放された経験をシェアして、ありがとうと伝えるためにこれを書いています。

私にはいつも恥や罪悪感や恐れなど、隠れたいと言う衝動にかられるような著しい被害者のパターンがありました。

今年初めの頃、感情的に困難なことがたくさんありました。そこで私のマスターのフラッカロッシ アナと彼女の夫のマルカスに会うことになり、いくつかの練習をガイドしてくれることになりました。リサーフェシングの固定された注意を解くの練習をやりました。

最初、私は望んでいる効果を経験していないようでしたが、その後、私にひどく抵抗があることに気づきました。3度目のセッションの後、わっと泣き出し、感情的にほっとしました。それは素晴らしかったです!最終的に素敵なことがわかったのです。私は考えでは無いんだ!と。私は考えと離れることができ、それをただ眺めているんだとわかりました。

私は考えの奴隷でしたが、もう今はそんなものではないと気づきました。どれくらい自分をジャッジし、批判し、自分に制限をかけていたのか、そして隠れて…。それが全て考えから来ているんだとわかりました。私は私がジャッジしていたものでは全然ないとわかって…神様!すごく解放されました!長年刑務所にいて、今、やっと、どのように生きたいのか自由に選べます。

もしたくさんの考えに侵略されたと感じたら、練習を使って自分に平和をもたらします。毎日アバターツールのパワーをより理解していっています。

ありがとう ハリー!

大きなハグとたくさんの光を!

ジャメイカ マンスール
ブラジル

ハリーへ、

ウイリンゲンでのインテグリティーコースから家に戻りました。最終日に私は拡張した家族と本当に繋がるというプライマリーを創りました。

私の飛行機は1時間遅れてエジンバラに着き、飛行機から降りたら15年の隔たりの後、2週間前に会ってから、2度目にまた前の夫に出くわしました。彼は誰かに会う予定だったので、ただ挨拶をしただけでした。

数秒後、私は自分の名前を呼ぶ声を聞きました。私が振り返ると、20年前14歳だった時以来会っていない義理の娘が走ってきて、腕を回して来て、「会えてとても嬉しい」と言ってきました。それは再び繋がる美しい瞬間でした。

私がプライマリーを創った時、私の家族のこの部分については考えていませんでした。私はとても幸せです!この素晴らしいツールをありがとうございます!愛をこめて。

Margaret Williamson – スコットランド

ハリーへ

2006年に初めてアバターを始めた時、私は人に関わることについてとても内気で混乱していました。アバターツールで意識を再構築することができるのが面白いと思います。たくさんのツールを使い、たくさんワークをして。私はただやりました。(今もやっています)。人と一緒にいる時の私の存在感や位置づけはとてもはっきりと変化しました。私はアバターですごく成長しました。この機会に感謝しています。

最近出てきた1つの資質に、権威の人に関わる時、誠実さに関わる問題や抵抗や恐れでいっぱいになるのではなく、味わい愛でることと慈しみでそれらと1つになることができます。彼らの技能やサービスに対して理解や感謝や親切な気持ちで繋がれるのは、とても素敵です。

今日、許しのミニコースをしました。この教材の感じが大好きです。まるで、あなたが私に直接話してくれているみたいで、一つ一つの言葉、一つ一つの考えがあなたと一緒にいるみたいです。練習しないで教材を読むと言う間違いをするみたいに、読まずに練習をするのも間違いのようです。とても大きな慈しみと理解が私を運んで行ってくれます。教材やコースやネットワークの今まさにここにある愛を通してのあなたの感じがアバターにあるより大きな目的へと私を持ち上げ、インスパイアしてくれています。自分自身のパターンや気づいていないことにもつれた生徒としてやってきた私達。この道を進み続けている私達は、この時期にこの世界に存在するより広い目的へと成長しています。あなたのリーダーシップと並外れた知恵に感謝します。

愛をこめて。

トレーシー ロバート
アメリカ合衆国

ハリー、

インターナショナルアバターコースのインターンシップから家に戻りました。子供の頃、どのように自分自身のパーツを見捨てたかについてたくさんの発見をしました。プライマリーを創るときでさえ、自分を隠さなければならなくて、普通の日頃の自分以上の場所からプライマリーを創らなければならないというふりをする層がありました。

それについてワークをして、それを私は恥(誰にもにわからないようコンクリートの層の下に埋め込んでいました)の表面の下に“毒性のあるムダなごみ”と呼び始めました。

結局、世界は私の反映だという現実について私はワークをしていました。「おぉー神よ!」と私は言いました。というもの、私はエアーフォースの基地があるアルバカーキーに住んでいますが、ここには何十年にも渡って非常に毒性のあるジェット燃料が土壌に漏れているというスキャンダルがあります。水のテーブルに浸透して、処理されていないようで、たくさん否認されています。しかし、現在、それが明るみになってきました。

軍の反映ではないでしょうか、冷戦中にすでに始まっていたのは!?

最近、源を感じていますが、この地に近い所に移りました。おもしろいでしょう。ここに移ってきたのに、いい感じがしています。それが処理されるとわかっているのです。

だから、おぉー神よ!だったのです。この毒性のあるムダなごみ。この毒性の流出は反映なのです。

これはすごくわくわくしておもしろいことですが、これが決定的な事実です。

コースから戻り、私の意識の中のこの古い、埋め込まれた毒性のあるものへの注意からすべて自由になりました。そして、地方のコーヒーショップでコーヒーを飲んでいました。そして、アルバカーキーの新聞の1面のヘッドラインの記事。

”新しい調査によると、ジェット燃料の流出にもっと呼吸するスペースがある。“

私たちは、みんな分離するように、ふりをしているだけでは?

Chris Burbridge - アメリカ合衆国

ハリーへ、

私は初めてのインテグリティーコースを終了しましたが、とても素晴らしかったです。感謝と畏敬の念を感じ、謙虚になっています。しっかり目覚めて、もう言い訳はしません。私がステップアップし、責任を取る番です。勇気がもらえて、わくわくしています!世界にアバターを持ってきてくれてありがとうございます。たくさんの愛を。

Hinu Komene - オーストラリア