アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

親愛なるハリーさんへ

私はもっといい自分になりました。自分を創造主だと感じています。他者奉仕の人生を感じることができ、そしてより自分自身を成長させることができると感じています。そう、覚醒した星の文明の意味がわかってきたような気がします。自分のマインドが拡大しているのを感じます。決して他者奉仕の人生を忘れることはありません。

B. S. T.  - 韓国

親愛なるハリーさんへ

わお!長い間、逃れることのできなメリーゴランドの中に閉じ込められていました。どの時点で発見したのかはわかりませんが、アバターの経験を通じて謎がだんだん解明されてきました。私は答えをみつけるためにマスターコースにきました。そしてワクワクして「私は成功した!」言えます。再び人生がワクワクするような、とってもすばらしい発見をしたんです。癖になっている習慣化されたカオスと化した人生が解き放たれたのです。アバターに出会えて本当によかった!心からの感謝をこめて

ルアナ・スコット - オーストラリア

親愛なるハリーさん

今朝、突然あるシンプルな気づきがありました。それは私は選んで何かに注意を向けているということです。ご存知のと通り、私はアイデンティティーの中に眠りにつきました。そしてそのアイデンティティーの中で起き上がって、そしてそのアイデンティティーとして夢をみたのです。
起き上がって散歩に行って、誰かとぶつかってその人たちを招待しました。まさに落胆処理をするチャンスでした。その後、何回かコースに参加して子供の頃におきた事故のことをシェアしていたら、注意が解放して、父母がとっても私のことを愛して、慈しみ育てていたことが感じられました。エンターテイメントのドラマとしてではなく、深く両親からの恩恵を感じられたのです。そして突然また深い層の両親の愛を感じました。計り知れないほどの感謝と愛を感じています。両親もそれを感じているでしょう。すごい!それは私の人生がかわった瞬間でした。私は両親へのおもいを手放しても大丈夫だとかんじています。そして両親が与えてくれた勇気と愛をさらに強くして、人生を前にむかって進んでいきます。

ナンシー・テイラー - オーストラリア

親愛なるハリーさんへ

もっとも大きな気づきの一つは人のハイアーセルフを感じることができたこと、そして人のアイデンティティーをアイデンティティーとしてみれるようになったことです。私は人が神様のようにみえます。人はなにかがはいっている入れ物ではないという感じです。周囲の人が自分のアイデンティーを通じて行動して生きてもいいんだよ、とか、どんなに小さなことに取り組んでいてもいいんだよという気分になりました。人により大きな事柄に取り組ませる必要はないんです。私はかれらの能力が開花するようなサポートはしていなかったことに気がつきました。認定マスターたちが人々のアイデンティティーに光をあてているのかがわかりました。認定マスターたちはアイデンティティーはアイデンティティーであって、その人自身ではないということを理解しているからだと感じます。このような勇気がわいてくるような経験をする場をありがとうございました。愛しています。

ジェセ・バリディザン - アメリカ合衆国

ハリーさん

9日間のコースが終わって、幸福感と疲労感を感じています。疲れは、コースのせいではなく、ウィザードコースに行くかどうかについての思いからきています。トレーナーさんに、感謝を伝えました。私は82歳と老いています。私は子供や孫たちにアバターを受講するのに投資するか自問してみました。
それは自分で解答をみつける質問です。
マスターコースは素晴らしいものでした。だれがここに連れてきたと思いますか?それは、ある意味では「どのように自分の考え方を変えたか?」という質問でもあります。アルバート・アインシュタインは「自分の同じ思考パターンからでは問題は解決できない。」という発言をしました。それが私の頭をはなれませんでした。自分自身に質問をなげかけると、とてもたくさんの答えがありますよ、ハリーさん。私はそれにワクワクします。ハリーさんが私の感謝の気持ちを感じてくださることを願います。あなたは世の中をよりよくしようと探求している人たちにすばらしいものを与えてくださいました。ありがとうございます。ありがとう!ありがとう!私は源です。それを感じ、感謝しています。愛をおくります。

ヘレン・ロッシュ - オランダ