アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

ハリーへ、

イスラエル・パレスチナの地球の慈しみチームプロジェクトとして、50枚の255パックのヘブライ語とアラブ語の慈しみカードがイスラエルの市長や地域の長に送られました。いろいろな宗教や生まれの255名の男女が50枚のカードのギフトを受け取りました。

このパッケージはとても喜んで手伝ってくれた最も若いアバターマスターを含めアバターマスターによって準備されました。このプロジェクトについて聞いた人たち、例えば箱を持って来た運送業者はこのカードが大好きで、成功するよう祈ってくれました。郵便局の素敵な職員もこのカードが大好きで成功を祈ってくれました。

大都市の2名の市長はプロジェクトチームとギフトに感謝する手紙を書いてくれました。そのうちの一人は教育システムでカードを使うのを市役所で調べてみると書いていました。

地方のコミュニティーの良い人々は一緒に平和に暮らしたいです。だから、この慈しみ練習、このプロジェクト、地球の慈しみチームはそれに大きな飛躍となり、素晴らしいツールが慈しみと寛容さを広げていきました。そうです。世界には望みがあります!

このギフトをシェアーしてくれて、それをやる勇気をありがとうハリー。このプロジェクトに参加できて幸せで永遠に感謝しています。愛をこめて。

Miri S – イスラエル

ハリーへ、

昨晩、18か月前に慈しみカードをあげた人に会いました。彼はアルコール中毒の父親によくこの慈しみ練習をしているのを知ってとても感動しました。彼のハートが開いて関係が改善しただけでなく、慈しみ練習のおかげで、彼の父の良い仕事や努力を見ることができるようになったそうです。彼は言いました。「気分が悪くても彼は家族のために毎日仕事場に来ていました。」と。

彼はお母さんにも慈しみカードを渡して、彼の父に母のハートも開いたように感じられたそうです。

アバターマスターの成功はどれだけの数の新しいアバターが創られたかだけで測られるのではない感じを理解できて本当に素晴らしいことです。慈しみ練習をありがとうハリー!このツールをシェアーしてくれてありがとう。本当にリアルにいてくれてありがとう。愛をこめて。

Elona Bicoku - アルバニア

ハリーへ、

私たちは本当にとてもあなたの仕事の使命に畏敬の念を感じ、クォリファイドマスターとして生きていることへの恩恵に感謝しています。

慈しみの科学コンフェレンスにいた人々がこのようなことを私たちに言ってくれました。

スタンフォード大学の人で、以前は有名な個人成長のための学校から来た方が、「あなた方はアバターグループの方ですね。みんながアバターは素晴らしい仕事をしていると言っていますよ。」と

テキサス大学からの人は、「おー!あなた方はアバターの人ですね。私のオフィスには慈しみ練習のポスターを飾っています。あなた方のワークが大好きです。」と。

ダライラマの通訳をしていてコンフェレンスに参加しているドクターは、「科学者たちは本当に注意をしなければなりません。なぜなら、彼らは”合法的“にならなければならないと、財源を失うからです。彼らが慈しみを後援するのは本当に大きなステップで、その有効性を証明する方法を持ち始めたのはとても興奮することです。世界のその観点は進化に重要です。人々は科学に信頼を置いているからです。」と。

また、コンフェレンスに参加しているある地方のエンジニアは「私は単なる退職したエンジニアですが、自分の世界にいつも興味を持っていました。現れようとしている完全性があるのを感じていて、それはこの世界に関係していると思います。」と言いました。

ここにいるみんなが慈しみプロジェクトとあなたが送ったカードにとても感謝しています。

たくさんの愛を送ります。

Beth White, Beth Edwards, Cata Low, Summer Jones, Beth Nelson - アメリカ合衆国

ハリーへ、

オハイオ、コロンバスでのアバターコースはわくわくする冒険です。

15人のチームで1400枚の慈しみカードを医師、弁護士、ソーシャルワーカー、支持者、オハイオの司法長官、会計士、治安判事長官、ホテル従業員、アーティスト、学生などに配りました。私たちはまたワシントンDCのオハイオ州代表ティムライアンのオフィスにも繋がりました。最近彼はより良い国を創るために瞑想を使った“マインドフルな国”という本を書きました。彼に手紙と慈しみカードと“アバターってなんですか?”のパンフレットを送りました。

さらに、司法のトレーニングでアバターを使用することを探求することに興味がある2人の判事にも繋がりました。

人々は慈しみプロジェクトにとても感動し、慈しみカードにとても感謝し、感動していました。何人かの人は練習をして感謝の涙を流していました。

たくさんの種がまかれ、ウィザードにいたる道に芽生えていくようです。愛を。

Bill Leeとコロンバスチーム - アメリカ合衆国

ハリーへ、

慈しみ練習でどのように人々が開いていくかシェアーしたいと思います。私は、オーストラリアで最大で、世界でも最高峰の一つである職業教育と訓練を提供する機関、T.A.F.E.のコミュニティーサービスワークの資格免状を教えています。そして、私はクラスの生徒全員に慈しみカードを配り、一緒に慈しみ練習をして、コミュニティーワークに慈しみを使うことについて話し合いました。

この練習に繋がった生徒の何人かの様子にとても驚き謙虚な気持ちになりました。日常にこの練習を使っている何人かのフィードバックを聞き、また何人かは家族にも渡して、使っていると言いました。この波及効果に驚き、高揚しました。このツールを人々に渡していける立場にいれることに誇りを感じます。同僚たちには、私は慈しみの人と知られ、彼らもこの練習に繋がっています。

集合意識にこのような明晰さをももたらしてくれてありがとうございます。たくさんの愛を。

Z. S. - オーストラリア