アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

ハリーへ、

私にとっての全体性とは、スピリチュアル的、感情的、精神的、物理的、知的、財政的にバランスを整えることで、その他の”らしさ”が私を私にしています。”欠落らしさ”(何かが欠落しているかのような感情)は、文字通り全体性/完全性を欲しがる不安定な状態を創造します。自分の人生にある「欠落」に関する自分の信念を変えることで、全体性へとつながることができています。ありがたいことに、私は信じる内容を決めます。 これを実現するためのスペースを創造し、維持すること、そして自分の心を操作するための方法を知るための道具に関して、ハリー・パルマーとすべてのEPCチームに感謝しています。私は心から感謝しています。

アン マクガイヤー コックス - アメリカ合衆国

ハリーへ

この信じられないほど素晴らしいアバターのツールをありがとう!数日前、私はリサーフェシングの“縁に留意する”の練習をしながら30分散歩をしました。初めて、本当の自由を経験しました。争いか逃げるかの人生の創造の外にいるのを経験しました。

自由を感じたことで、いかにこのアイデンティティーがすべてに苦しい制限であったのかと感じました。人生で提供されてきたものすべてから縮こまるのは狭い管の中でそれを経験するようなことです。

たくさんの注意がこれに妨害されて、たくさんのアイデンティティーを支えていたのだと思います。その構造はまるでつぶれているようです。初めて、見られるのが怖くないと感じます。

暗い世界を抜け出させる光をありがとう。素晴らしいサンガと共に!あなたとアブラに愛を。

Chuck LaChapelle – アメリカ合衆国

ハリーへ 

アバターは、無限に幸せで、平和で、成功するようになるパワーです。今、すごくいい感じです。ありがとう!

Shahriar Kayhani – イラン

ハリーへ、

障害と制限のある信念と戦い意志を使ってたくさんの体重を減らし、ハンディカップから抜けて、強く能力のある人になるハンディカップのある退役軍人のビデオを見て、アバターコースを思い出しました。自分自身、他者、変化する能力、不可能を可能する人生のゴールを創ることを信じられるように、人々をインスパイヤーし、助けてくれてありがとう。

Jonathan Norton - アメリカ合衆国

破れた靴先と杖を持った消極的に始めた人は、新しい教材を使って、別の方法を味わい愛で、エンパワーし、トレーニングに浸かり、吸収し、自己にたくさんの注意を注ぎながら、彼女の(私の)やり方を吐き出し、混乱しながら言っていた。彼女は、声にならないセカンダリーをプライマリーを創ることで自分のやり方を笑い、不死身の盾を感じ、それの他の側面へと弾きだすことへと成功した。無防備さを感じること、あの優雅さと安全さを学ぶこと。一見許し難い罪を演じていた時に、サンガの親切さを感じ、価値判断のない感じを経験すること。

45年間、再創造されてきたクラスの劣等生アイデンティティーを手放し、慈しみプロジェクトを分かち合い、他者の中にある煌めきを目覚めさせることになりました。彼女は、杖を置き去りにし、自分の人生の目的を見つけ、道具のパワーにワクワクしました。

それが、まさにアバターコースです!すべてのマスター達、そして特に大きな感謝をアブラにしています。愛しています。

フィオナ キャンベル - ニュージーランド