アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

ハイ ハリー、

私は先週の日曜マーケットで慈しみプロジェクトのブースを出し、何人かの人がやってきて、経験をシェアーしました。慈しみ練習の貴重なギフトと素晴らしく美しい印刷されたカードの創造主のあなたにシェアーしたいと思います。これを誰かに渡すときはいつでもうれしいです。

この人たちはみんなダーウィンや伝統的なブッシュコミュニティーからのオーストラリア原住民です。

友達がやってきて、大きなハグをしてくれました。最近2週間憂鬱だったのが、慈しみ練習をして、シフトしたと話してくれて、とてもよかったです。彼は誰かと対立している友達に練習をしてあげたそうです。その友達が練習をしたら、「その後、普通に話せるようになった」そうです。彼はシドニーからの友達と一緒で、原住民です。彼女にも慈しみカードをあげたら、彼女はそれをとても気に入りました。

それから、ブッシュコミュニティー(マニングリダ)からの2人の女性がテーブルにやってきて、誰かがこのカードをくれて、この練習が本当に彼らを助けてくれたと言いました。それは2か月前にブースにやって来て人にあげるために何枚かのカードを持って帰った女性で、彼らのコミュニティーで働いていました。

そして・・一番近い町からなん百マイル離れたブッシュの外にある彼らのコミュニティーの先生になるトレーニングをしている2人の女性は慈しみ練習をして、それを彼らの人生で使っています。彼らは連絡先をくれて、イントロをしたいと思っています。そして、他の人にあげるため5枚のカードを持って帰りました。

ハリー、あなたの意図のおかげで、あなたの隣にいる人を目覚めさせ、その人に次に伝えるように言って、それをする方法を創ったので、たくさんの人がそれに触れ、オーストラリアの遠く離れた地域にさえ波及しています。

ありがとうハリー。

Lizzy Mellick – オーストラリア