アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

ハリーへ、

私たちは本当にとてもあなたの仕事の使命に畏敬の念を感じ、クォリファイドマスターとして生きていることへの恩恵に感謝しています。

慈しみの科学コンフェレンスにいた人々がこのようなことを私たちに言ってくれました。

スタンフォード大学の人で、以前は有名な個人成長のための学校から来た方が、「あなた方はアバターグループの方ですね。みんながアバターは素晴らしい仕事をしていると言っていますよ。」と

テキサス大学からの人は、「おー!あなた方はアバターの人ですね。私のオフィスには慈しみ練習のポスターを飾っています。あなた方のワークが大好きです。」と。

ダライラマの通訳をしていてコンフェレンスに参加しているドクターは、「科学者たちは本当に注意をしなければなりません。なぜなら、彼らは”合法的“にならなければならないと、財源を失うからです。彼らが慈しみを後援するのは本当に大きなステップで、その有効性を証明する方法を持ち始めたのはとても興奮することです。世界のその観点は進化に重要です。人々は科学に信頼を置いているからです。」と。

また、コンフェレンスに参加しているある地方のエンジニアは「私は単なる退職したエンジニアですが、自分の世界にいつも興味を持っていました。現れようとしている完全性があるのを感じていて、それはこの世界に関係していると思います。」と言いました。

ここにいるみんなが慈しみプロジェクトとあなたが送ったカードにとても感謝しています。

たくさんの愛を送ります。

Beth White, Beth Edwards, Cata Low, Summer Jones, Beth Nelson - アメリカ合衆国