アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

ハリーへ、

最近、プライマリーのパワーについてたくさんのことを学びました。次のアバター・プロフェッショナルコースに行くというプライマリーを創りました。そのための行動は、飛行機に乗って、ニュージーランドからオーランドに飛ぶということですが、セカンダリーが出てきました。それは強い風と洪水をもたらす激しい地域的な嵐でした。地方空港は霧のため閉鎖されました。南に向かう道路はがけ崩れでブロックされ、南部と西部は洪水でした。すぐに北へ向かう道路もがけ崩れのため閉鎖されました。山あいの北西への道路はまだ通れましたが、ぎりぎりでした。

そして、新しい意図は、”次のプロフェッショナルコースに行く“という同じプライマリーで、すべてはうまくいき、安全にタウランガまで運転していくことでした。

次の行動はタウランガ市から国内便を出発するのに予約を取り直し、6時間後の国際便に再予約することでした。乗り継いで、荷物をチェックインするのに3時間半ありました。チャイルドケアーのタクシーに乗り、トラックに飛び乗り、タウランガ市まで運転します。

ものすごい雨で、川の水は道路に氾濫し、がけは崩れ、岩や泥が道路に流れ出ていました。木々は道に倒れてきていました。

実際どうなったと思いますか?国内便に乗れました。国際線ではアップグレードされました。乗り継ぎ便がなかったので、ロスアンジェルスのヒルトンホテルで1晩泊めてもらい、食事券として120ドル貰いました。翌日、アメリカ国内便でもアップグレードされました。オーランドに到着し、プロフェッショナルコースに登録しました! 

後日インターネットで知ったのですが、20人が車の中や農家で夜を明かし、30人は村に取り残されたそうです。1台の車はがけ崩れの被害にあい、男性が負傷し、たくさんの車が道路に放置されました。新聞には嵐やその被害の写真がたくさん載っていました。私たちが最後にうまくやりのけたみたいでした。プライマリーはうまくいく!!!

Daren and Linda Coulston - ニュージーランド