アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

親愛なるハリーさんへ

昨日、私の人生をつくりだしていたとんでもないアイデンティティーを発見しました(そのアイデンティティーをまるまる経験することを自分に許しました。私はそのアイデンティティーを他者に投影して自分の中にそのアイデンティティーがあることを拒んでいました。そのアイデンティティーがこれまでの私をつくり出していて、それは精神的な成熟度を2歳くらいの子のレベルにしていました。2歳の子供のようなアイデンティティーが、わたしこそが全宇宙すべての物事、人をコントロールするのだと振舞っているのを想像してみてください。いや、想像しない方がいいですね!

マスターたちが、わたしがそのアイデンティティーから他者にわたしは何をやったのか感じれるようにサポートしてくださいました。それが可能になったのは、わたしが自分で意図的に価値判断を解き放ち、自分自身にそれを経験することを許したときでした。そうすることで、いかに多くのことをそのアイデンティティーからやっていたのか、そして多くの時間をそのアイデンティティーとして費やしていたのかを体感しました。

その日の残りの時間は、とっても幸せでした。幸せを感じたのはようやく、わたしが過去のわたしの創り出したことを味わい愛で、楽しむことがことができるようになったからです。そしてそのアイデンティティーの影響をもううけなくていいという解放感に幸せを感じます。感じるということのもたらすパワーは素晴らしいですね!

アバターのツールを通じて人間性(ヒューマニティー)をあたえてくださったことは人類への贈り物です。愛と感謝をこめて

リンダ・ハウザー - アメリカ合衆国