アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

慈しみプロジェクト

世界への望み

ハリーへ、

イスラエル・パレスチナの地球の慈しみチームプロジェクトとして、50枚の255パックのヘブライ語とアラブ語の慈しみカードがイスラエルの市長や地域の長に送られました。いろいろな宗教や生まれの255名の男女が50枚のカードのギフトを受け取りました。

このパッケージはとても喜んで手伝ってくれた最も若いアバターマスターを含めアバターマスターによって準備されました。このプロジェクトについて聞いた人たち、例えば箱を持って来た運送業者はこのカードが大好きで、成功するよう祈ってくれました。郵便局の素敵な職員もこのカードが大好きで成功を祈ってくれました。

大都市の2名の市長はプロジェクトチームとギフトに感謝する手紙を書いてくれました。そのうちの一人は教育システムでカードを使うのを市役所で調べてみると書いていました。

地方のコミュニティーの良い人々は一緒に平和に暮らしたいです。だから、この慈しみ練習、このプロジェクト、地球の慈しみチームはそれに大きな飛躍となり、素晴らしいツールが慈しみと寛容さを広げていきました。そうです。世界には望みがあります!

このギフトをシェアーしてくれて、それをやる勇気をありがとうハリー。このプロジェクトに参加できて幸せで永遠に感謝しています。愛をこめて。

Miri S – イスラエル

Google Translation

zh-CNfrdeitkoptes

TWWC Ad