アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

アバター インターンコース

恥の毒性のあるムダなごみ

ハリー、

インターナショナルアバターコースのインターンシップから家に戻りました。子供の頃、どのように自分自身のパーツを見捨てたかについてたくさんの発見をしました。プライマリーを創るときでさえ、自分を隠さなければならなくて、普通の日頃の自分以上の場所からプライマリーを創らなければならないというふりをする層がありました。

それについてワークをして、それを私は恥(誰にもにわからないようコンクリートの層の下に埋め込んでいました)の表面の下に“毒性のあるムダなごみ”と呼び始めました。

結局、世界は私の反映だという現実について私はワークをしていました。「おぉー神よ!」と私は言いました。というもの、私はエアーフォースの基地があるアルバカーキーに住んでいますが、ここには何十年にも渡って非常に毒性のあるジェット燃料が土壌に漏れているというスキャンダルがあります。水のテーブルに浸透して、処理されていないようで、たくさん否認されています。しかし、現在、それが明るみになってきました。

軍の反映ではないでしょうか、冷戦中にすでに始まっていたのは!?

最近、源を感じていますが、この地に近い所に移りました。おもしろいでしょう。ここに移ってきたのに、いい感じがしています。それが処理されるとわかっているのです。

だから、おぉー神よ!だったのです。この毒性のあるムダなごみ。この毒性の流出は反映なのです。

これはすごくわくわくしておもしろいことですが、これが決定的な事実です。

コースから戻り、私の意識の中のこの古い、埋め込まれた毒性のあるものへの注意からすべて自由になりました。そして、地方のコーヒーショップでコーヒーを飲んでいました。そして、アルバカーキーの新聞の1面のヘッドラインの記事。

”新しい調査によると、ジェット燃料の流出にもっと呼吸するスペースがある。“

私たちは、みんな分離するように、ふりをしているだけでは?

Chris Burbridge - アメリカ合衆国

Google Translation

zh-CNfrdeitkoptes

TWWC Ad