アバター受講生からの個人的なストーリーと洞察
受講生から受け取った500,000枚以上の
レターと洞察のほんの一部です。

アバター インターンコース

アバターでできる!

ハリーへ、

アバターツールを開発されたあなたの努力に感謝します。なんて素晴らしいギフトなのでしょう!ツールを使った後に起こったことをお知らせしたいです。

アバターマスターとしてインターンシップをするため車を運転していると、クライアントから電話がありました。彼は、「あなたの会社は今回の発注に選ばれませんでした。他の2社の方が上位になりました。」と言われました(私は小さなソフトウェアー会社の社長をしています)。この注文は約100万ユーロ(私の会社の年商は100万ユーロです)で、ドイツとパキスタンのたくさんの人たちのサポートによる2年間の強力なビジネス展開の後なので、これを獲得できないと本当に失敗になりました。

実際、私は反応して、完全に直感モードの外にいました。正直にいって、本当に何が間違っていたのかわからず、このマネージャーが言ったことが腑に落ちず、フラストレーションがたまり、とても落胆しました。

翌日、マスターの整合ミーティングがあり、その夜に既存の顧客から電話がありました。彼は正直に、申し訳ないですが、購買部は次の注文(250,000ユーロ相当)を出すことができません。というのも、私たちが見積もった公募入札の金額は他の2社に比べて2倍だったからだと。私はパニックになりました。

私は完全に落胆しました。最初、絶望感、恐れ、痛みを追い払わないといけないという衝動にかられましたが、私の抵抗が私をブロックし、これがアバターツールを学んでいる私の生徒にネガテイブな影響を与えるだろうと感じました。そこで、私はそれを押しのけないで、私のクォリファイドアバターマスターに何が起こっているのか言おうと決めました。正直に、起こっていたことと、どんなに絶望的になって、ブロックになっているかを伝えました。彼女はどうするのがベストかトレーナーと話し合ってくれました。彼らは、すぐにミニコースの許しの選択肢をするように言ってくれました。同夜、クォリファイドマスターがサポートをしてくれて、これを終わらせました。地域のアバターチームがどれくらい助けてくれたか。素晴らしかったです。ありがとう!

許しの選択肢のミニコースをしていて、すぐに固定していた注意が解放したという興味深い成果がありました。今まで見たことがなかった自分の人生のおもしろいパターンを見ることができました。それは、私がミスを犯して、他の人にダメージを与えてしまうようなことを創ってしまうということです。このような状況で、私は正直に、「それをやりました」と言わずに、他の人に与えたダメージの痛みを感じないで、自分を守ろうとしました。ベストなことは、それが消えてなくなるように感じることでした。シンプルに言うと、私は、「私がそれをやりました。本当に申し訳ないです。」と言うことができないのでした。

今、何年も経って、私はそれができるようになっています。たくさんの注意を解放して、新しい顧客や新しい解決策を見つけるようオープンでパワフルに感じられています。それは本当に良くて、会社と関連する人たちを助けることができるものを見つけようと決めています(私の会社なドイツに数名のプロジェクトマネージャーがいて、たくさんのITやソフトウェアー開発者がパキスタンのラフォレにいます。この人たちを養うため本当にこのような注文が必要なのです)。

今朝、落胆処理をして、“私は会社と関連する人たちの成功を創り出すために必要なことをすべてして、学ぶ。”というプライマリーを創りました。それからどうなったでしょう?

数時間後、大きな注文(100万ユーロ)の購買部の女性から電話がかかってきて、起こったことについて申し訳ないと言いました。入札を外そうとした人はその担当ではなくて、彼が私たちに送った情報は正しくなかった。私たちのオファーはすべての入札会社から2番目で、実際は私たちにとても興味があると。彼らの会社はとても早く成長しているので、そういう間違いを起こしがちで、この問題を処理しなければならないのです。本当に申し訳ないですと彼女は言いました。

手短に言うと、彼女はすべての情報を渡してくれて、私たちは見積もりを調整できて、この注文を勝ち取れる機会があるということでした。私たちの注文を調整するプロセス中です。私はクライアントと正直に話ができていることと、このような機会に本当にびっくりして、感謝しています。すべてがうまくいって、まだその注文を勝ち取ることができます。

後日、小さい方の注文の方の会社のマネージャーから電話があり、「いろいろな見積もりと比べてみたら、他社の見積もりは正しくなかったことが露見して、他社は私たちが含めていた重要なことを抜かしていた。購買部が当社の納入は実際完全だという文書を出すようにと言っています。そうしたら、また入札過程に入れる。」と言われました。

ウァオ!正直に言って、顧客が考えを変えて、謝罪するなんてことを今までに経験したことはありませんでした。今、2社も顧客がいるのです。ウァオ!この経験に本当に感謝しています。幸せです。

アバターでできると言いたいです。ありがとう!覚醒した星の文明の創造に貢献できるようベストを尽くします。ウィザードコースでお会いしましょう。

Bernhard Schimunek - オランダ

Google Translation

zh-CNfrdeitkoptes

TWWC Ad